女子力向上計画

ちっぴの女子力向上計画

素敵な女性になるために…

【ダイエット】下腹ぽっこりの原因とは?下腹には○○が効く!簡単おすすめエクササイズのご紹介





一度つくとなかなか落ちないのが下腹。


歳とともにだんだん筋力が落ちていって、つかめる贅肉が増えたなんて人も多いのではないですか?



体重はさほど変わっていないのに、以前は普通にはけていたスカートやデニムがキツくなった…

何も食べていない状態でも常にお腹がぽっこり出ている…



こうした悩みは放置しておくとどんどん悪い状況に陥ってしまいます。


スッキリしたウエストを手に入れるためには、今すぐに対処する必要があるんです!!



「それは分かっているけど、キツイ運動は続かないんだよね…」という人でも大丈夫!


誰でも簡単にできる、下腹に効くダイエット方法を教えちゃいます!






下腹がぽっこりの原因は?




f:id:pechitan:20170410114535j:plain
下腹がぽっこりしてしまうのは、次のような原因が考えられます。



1.脂肪がついている。




下腹は内蔵脂肪や皮下脂肪がつきやすい箇所です。食べた分動いていないと、どんどん脂肪が蓄積され、下腹がぽっこりしてきます。

皮下脂肪は一度ついてしまうとなかなか取れない厄介なものなので、注意が必要です。



2.お腹周りの筋力低下




腹筋がないと内蔵を支えられなくなって、どんどん下に下がってしまうことがあります。
そのため他の臓器も押されて下腹がぽっこりしてしまいます。



3.便秘




便秘になると、腸の中にたまっている便やガスで腸が膨らみ、おなかがぽっこり出てしまいます。
食物繊維や水分をしっかり摂ったり、適度な油分を摂ることも便秘を緩和する大事な要素です。





4.骨盤のゆがみ




本来骨盤は1日のうちに開閉を繰り返しますが、骨盤が歪んでいると開きっぱなしになってしまいます。

そのため、内臓が本来の位置にとどまることができず、下へ下がっていってしまい、下腹がぽっこりしてしまいます。





5.腸内環境の低下




腸内環境が悪化して、腸内に悪玉菌が増殖すると腸の粘膜が過敏になり、アレルギー反応を引き起こしてしまいます。

そうすると、腸が腫れたような状態になり、下腹がポッコリの原因になることも。整腸作用のある食べ物を食べたり、善玉菌を増やして腸内環境を整えることが必要です。





6.猫背




姿勢も実は下腹ぽっこりの原因の一つです。デスクワークなどが多いとどうしても前かがみになってしまいがち。

特に近年はスマホの普及から、姿勢が悪くなっている人が多いです。肩に力が入って、背筋が曲がると腹筋が弱まってしまいます。





7.むくみや冷え




女性に特に多いむくみと冷え性

これらも下腹ぽっこりの原因になります。
お腹を触った時にひんやりと冷たいなんてことありませんか?



これは血行不良によって冷えており、次第にむくみへと変わっていってしまいます。


むくみは放置しておくと、老廃物と脂肪が結びついてセルライトに変わってしまいます。

セルライトになってしまうと自力で落とすのは困難。
すぐにむくみを取り除く必要があります。




下腹ダイエットは○○がポイント!




下腹には、腹横筋や腹斜筋と呼ばれるインナーマッスルを鍛えるのが効果的です。




インナ―マッスルの筋力が弱いと、基礎代謝が下がり太りやすい体になってしまったり、姿勢が崩れて内臓下垂を引き起こす原因になってしまいます。


インナーマッスルを鍛えることで、お腹周りの脂肪を燃焼したり、内臓を元の位置に戻してあげたり正しい姿勢に矯正することができます。




結果、下腹がぽっこりする原因を解決しスッキリしたウエストを手に入れることができます。





下腹を引き締めるエクササイズ




それでは、インナーマッスルを鍛えて下腹を引き締める効果的なエクササイズをご紹介しましょう。




誰でも手軽に簡単にできるものばかりですよ!



ドローイン




ドローインは、立つ・座る・寝るのどの状態でもできる万能な腹横筋のエクササイズです。


通学・通勤の電車やバスの中、授業中や仕事中、テレビを見ながらなど、気が向いた時にすぐに行うことができます。





ドローインのやり方



丹田」と呼ばれるおへその下を意識しながら、お腹と背中をくっつけるイメージで息を吐きながらお腹を30秒凹ませます。


簡単なのに結構お腹の内側の部分の筋肉が使われていて疲れます。





正しいドローインとは?




1.両手を鼠径部(足の付け根)に添える

2.胸を前方の少し押し出す

3.上体を35度倒す

4.膝を折り曲げる

5.膝を伸ばしたら、上体を9割程度引き上げる

6.口から息を吐きながら、お尻をキュッと締める

7.最後に両手を鼠蹊部から離す



ヒップリフト




ヒップリフトはお腹のインナーマッスルを鍛えるだけでなく、お尻や太ももの筋肉も鍛えられ、ヒップアップ効果も狙えます

下半身太りが気になる人はこのエクササイズはおすすめ!



ヒップリフトのやり方





【吉川メソッド】ヒップリフト(ハムストリングス)自重で行う正しい筋トレ


1.仰向けになり、膝を45度に曲げる

2.手の平を下にして体の横に添える

3.お尻を締めて腰を持ち上げていき、太ももと体が一直線になった所でとめる

4.ゆっくりと下ろしていき、床に着く直前で再び上げて繰り返す


10〜15回を1日3セット行うといいでしょう。





ポイントは動作をゆっくり行うことと、持ち上げた時体が一直線になるようにすること。

またお尻の筋肉を使うことを意識すれば、より下半身に効果的です。





レッグレイズ




レッグレイズは、普通の腹筋とは違い、腹直筋といったお腹の下部にあたる筋肉を鍛えることができるので、下腹に効果的です





レッグレイズのやり方





下腹の筋トレ-レッグレイズ/腹筋下部の鍛え方・女性向け



1.仰向けになる

2.手はリラックスした状態で体の横につける

3.膝を伸ばしたまま垂直になるまで足を持ち上げる

4.ゆっくりと足を下ろして、床に着く手前で止める

5.足を持ち上げる→下ろすを繰り返す




15〜20回を1日3セット行いましょう。


下腹にダイレクトに効くので、ぽっこりお腹も改善が期待できます。



運動が苦手な人には…




体幹を鍛えると下腹や太ももなど気になる下半身に効果的なのは分かっていても、なかなか続かなかったりそもそも運動が苦手でやる気が起きないなんて言う人もいるかと思います。

ゴロゴロしながら鍛えられたら文句なし!!


そんな人には【コアビーンズ】がおすすめ!




コアビーンズは、ピンポイントで下腹を刺激する腹筋エクササイズ器具です。

座ってゆらゆらするだけで、下腹をピンポイントで引き締めてくれます。


ダイエットが続かない、いろいろなグッズを試したけど、すぐに押入れの中…


なんて人でも、テレビを見ながら座ってゆらゆらするだけの「ながら腹筋エクササイズ」なので、続きやすい!


それに1日5分からでOKなので、家事や育児で忙しい主婦の方でも、仕事終わりに疲れてエクササイズをする気が起きない方にもおすすめです。

下腹は普通の腹筋ではなかなか鍛えられない分、座って揺れるだけで鍛えてサイズダウンしてくれるのは嬉しいですよね。


気になる方は1日5分の時短エクササイズ【コアビーンズ】

をチェックしてみてください♪





まとめ




下腹はなかなか落としにくい箇所ではあるものの、しっかりとインナーマッスルを鍛えることでみるみるサイズダウンしていきます。


インナーマッスルを鍛えると体幹がしっかりするので姿勢も良くなり、痩せやすい体になるのも嬉しいですよね。

今回ご紹介した下腹に効果的なエクササイズは、道具も何もいらずにできるものばかり!

簡単にできるので試してみてください。