女子力向上計画

ちっぴの女子力向上計画

素敵な女性になるために…

【ダイエット】痩せる!ウエストがみるみる細くなる「横隔膜ストレッチ」とは?横隔膜が固くなるとでてくる体の不調とは






f:id:pechitan:20170202121824p:plain


座っている時間が長い人は横隔膜の動きが悪くなっているかもしれません。


なかなか痩せない…
体が硬い…

そんな人は横隔膜を動かしてあげることで悩みを解決できるかもしれません!


横隔膜を動かしてあげることで、ダイエットや美容・健康にも効果が望めるので、今から横隔膜を動かすストレッチをしてみませんか?



横隔膜ってどこにあるの?




そもそも横隔膜ってどこにあるのかわからないなんて人も。

横隔膜は肺と胃、肝臓の間にあり、肋骨の下に位置するところにあります。




横隔膜は呼吸と連動しており、空気を吸ったとき肺が広がって横隔膜は下に下がり、逆に空気を吐いたときに上に上がるようになっています。

呼吸の働きをサポートする役割も果たしているんです。




また胃・肝臓・膵臓などの内臓を収縮・圧迫することで、マッサージ効果となり内臓の働きを活発にしてくれる効果もあります。





横隔膜の動きが悪くなる理由




横隔膜の動きが悪くなる原因は以下のことが考えられます。


・横隔膜が硬くなる
・腹筋や胸筋の動きが悪い




女性の横隔膜は、通常の場合は3〜4cm程動くといわれています。
しかし、動きが悪くなると、1〜2cmまで狭まることも。

横隔膜の動きが悪くなることで呼吸が浅くなってしまうため、酸素の供給量も少なくなり、体にも影響が出てしまいます。





横隔膜の硬さをチェック




それでは、実際に自分の横隔膜がどれだけ硬くなっているのかチェックしてみて下さい。


【チェック方法】

①仰向けに寝て、両膝を立てます

②鼻から息を吸いながら、お腹を膨らませます

③そしたら、お腹を凹ませながら息を口から吐いていきます(腹式呼吸)

④次は普段通りの自然呼吸を行います

腹式呼吸と自然呼吸を何回か繰り返します

⑥そのあとに、腹式呼吸の時の吐く時間を計ってください





結果


10〜15秒:かなり呼吸が浅くなって横隔膜が固くなっている可能性あり

15〜30秒:やや横隔膜が固くなり始めている

30〜40秒:少し横隔膜が固いかも

40秒以上 :横隔膜はきちんと働いています





横隔膜ストレッチで見込める効果




横隔膜の動きを良くするためにストレッチを行うと、どのような効果が期待できるのでしょうか。




くびれができる




横隔膜ストレッチをすることで呼吸が深くなり、体内の二酸化炭素の排出量が増えます。

吐く量が多くなればなるほど腹筋が使われるようになり、自然と腹筋が鍛えられるのでウエストも細くなります。

横隔膜ストレッチをして横隔膜が動くようになったことで、1週間でウエスト−9cmを記録した人も。

くびれができるだけで女性らしいラインになるので、これは嬉しい効果ですね。



痩せやすくなる




横隔膜の動きが良くなることで呼吸が深くなり、酸素の供給量が増えて、酸素が行き渡るようになります。

その結果、代謝が上がり痩せやすくなるんです。


代謝が上がることで、リバウンドもしにくい体になるので、横隔膜ストレッチはダイエットしている人に大変おすすめ!





姿勢が良くなる




実は姿勢と呼吸には密接な関係があります。

姿勢が悪いと肺の広がるスペースを充分にとることができないため、呼吸がどうしても浅くなってしまいます。


呼吸が浅くなることで、筋力なども低下して猫背など姿勢が崩れてしまいがちに。

逆に肋骨が開きやすく肺の広がるスペースを確保できる人は、深く呼吸ができるので姿勢がいい人が多いんです。


横隔膜を鍛えることで呼吸も深くすることができるので、姿勢の改善にもつながります。





良質な睡眠がとれる




横隔膜ぎ鍛えられると腹式呼吸が出来るようになります。

腹式呼吸は、副交感神経が刺激されるので、リラックス効果が得られぐっすりと眠ることができます。

胸式呼吸になりがちな人は、交感神経が刺激され活発になりなかなか眠りにつけなくなることも。

毎日の健康のためにも横隔膜の動きを良くしておく必要があります。





便秘解消効果




横隔膜が柔軟に動き、また下から骨盤底筋群が支え腸がマッサージされているような感覚に。

胃腸に停留している血液を心臓に送り返し、消化器系の働きを改善することで便通を良くします。





美肌効果




先ほど伝えた便秘解消効果により、宿便などを排泄することができます。

体内の老廃物を排出するデトックス効果が高まることで、美肌効果も期待できます。





免疫力が高まる




横隔膜を鍛えて腹式呼吸が出来るようになることで、白血球への酸素供給量が増え、免疫力が高まります。

免疫力が高まることで、感染性や悪性腫瘍の予防ができ、健康な体づくりをサポートします。





横隔膜ストレッチの方法




これからご紹介する横隔膜ストレッチはすぐに誰でも簡単に行うことができます。




横隔膜ストレッチ①





横隔膜ストレッチ



1.指の腹を、肋骨の「ハの字」の下の部分にあてます

2.息をハーッと吐きながら、指の腹でググッと中に押し込んでいきます(約10秒)

3.指を離して、鼻から5秒吸います

4.再び2の動作をします


吸って吐いての動作を4〜5回繰り返すだけ。

ちょっとした時間にできるので手軽でいいですね。
時間に余裕があればもっと回数を増やしてもいいかもしれません。





横隔膜ストレッチ②





横隔膜ストレッチで体質改善



1.アヒル座りをした状態から後ろに倒れる

2.1の状態で深呼吸を5回行う




これを1日5セット

たったこれだけです!超簡単!

特にこの姿勢は、お腹だけでなく前ももの部分も伸びている感覚が分かり、他の部分もストレッチ出来るのでいいですね。




→アヒル座りができない人は




アヒル座りが出来ないなんて人も安心してください。

筒状の枕(なければバスタオル1〜2枚使って筒状に丸めてください)を用意すれば、先ほどと同じように横隔膜をストレッチすることができます。


1.筒状の枕を背骨に沿うようにして起き、その上に背骨が乗るように寝転びます

2.両手を横に広げます

3.深呼吸を5回行う


1日5セット行うだけで、肋骨が広がり息が深くなります。

呼吸は思った以上に健康に影響してきます。


横隔膜がしっかりと動くようになるだけで体の不調の改善に繋がるので、是非試してみてください。