女子力向上計画

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちっぴの女子力向上計画

好きなことを好きなように。

関西の人気なおすすめの初詣スポット7選!初詣はいつまでに行くのが正解?

旅行




こんにちは、ちっぴです。




新年明けましておめでとうございます。

三が日も終わり、仕事始めの方も多いのではないでしょうか。




皆さんは初詣に行かれましたか?

三が日までは特にどこも混んでいて、行ってないやなんて方も、いつもの場所じゃないところに参拝してみたいという方もいると思うので、2017年の初詣に人気の関西のスポットについてまとめます。





初詣はいつまでに行けばいいの?



初詣はいつまでという決まりはあまりないようですが、初詣は松の内までに行くのが現在では目安とされています。



松の内とは、年神様が滞在しているお正月の期間のことです。


一般的に門松やしめ飾りなどを飾っておく期間で、関東では主に1月7日までとされることが多いです




地方によってはその期間もバラバラで、関西では1月15日までの小正月とするところもありますし、1月20日の二十日正月までを松の内の期間とするところもあるみたいです。


一般的には1月7日までが多いので、この期間に神様に新年の挨拶をされるといいでしょう。




ただし、この期間に行けなかったとしても心配することはありません。

初詣は年が明けて初めて参拝することを言うので、遅くなってしまっても構わないでしょう。





関西のおすすめ初詣スポット



関西で人気のある初詣スポットをご紹介します。

大阪府:住吉大社






大阪で初詣というと「住吉大社」という人も多い人気のスポットです。


全国約2300社ある住吉神社の中の総本社。
現在の御本殿は1810年に建てられ、国宝建造物に指定されています。



また住吉大社の人気スポットとして有名なのが「太鼓橋」と呼ばれる反り橋です。
こちらで写真を撮る人も多いですね。


住吉大社のパワースポット



五大力」の石で心願成就




第一本宮と若宮八幡宮との間にある「五所御前」。
玉垣内の玉石の中に、それぞれ「五・大・力」と書かれた石があります



この石を1つずつ集めて、専用のお守り袋に入れてお守りにすると寿力・福力・体力・智力・財力の運力のパワーアップを授かるといわれ、また願いが叶うと言われています。





おもかる石で願いを占う




住吉大社から少し歩いたところにある侍者社(おもとしゃ)には、「おもかる石」と呼ばれる不思議な石があり、願いを唱えながら持ち上げて、軽く感じれば「可」、重く感じれば「否」であると伝えられています。





御神木「夫婦楠(めおとぐす)」




住吉大社末社・楠珺社(なんくんしゃ)には、樹齢1000年を超えるご神木「夫婦楠」があります。
そこには神様の使いである白蛇が棲んでいると言うと言い伝えがあり、パワースポットでもあります。





兵庫県:生田神社





生田神社は天照大神(あまてらすおおみかみ)の和魂(にぎみたま)あるいは妹神と伝えられる稚日女尊(わかひるめのみこと)を祀っています。

縁結びで有名な神社であり、カップルでお参りし、その際、男性は白の、女性は赤の「えんむすび」お守りを購入すれば結ばれるといわれているので、カップルにはおすすめの縁結びスポットです。




また、松尾神社にある杉の木に向かい、静かに心を落ち着けて恋愛成就の願いごとをすると願いが叶うと言い伝えられています。

他にも健康長寿、子宝・安産、祈飴があると言われています。




さらに、 様々なスポーツ選手が必勝祈願に参拝する勝運の神でもあり、神戸を襲った様々な天災から立ち直ったことから蘇る神とも言われていて、毎年多くの参拝者で賑わっています。





京都府:伏見稲荷大社





全国に3万社以上あると言われる「お稲荷さん」の総本宮である伏見稲荷大社

外国人に人気の観光スポットとしても堂々の一位を獲得しているパワースポットです。


五穀豊穣、商売繁昌、家内安全、諸願成就の神として、信仰されています。

朱塗の鳥居が見事に並ぶ「千本鳥居」が有名で、千本鳥居をくぐりながら途中にある社を巡る「お山巡り」は、全長約4km、2時間もかかると言われています。
もし山頂まで行かれる方は服装には気をつけていきたいところですね。




伏見稲荷大社のパワースポット




千本鳥居





奥宮から奥社につづく参道には、朱塗りの鳥居が二筋、トンネルのように延々と続くところがあります。

この鳥居をくぐりながら、心願成就・商売繁盛を願うとご利益があるとされています。





おもかる石



奥社奉排所の右奥に2つの石灯篭があります。

「おもかる石」の名で親しまれている石灯篭の空輪(頭)を願い事をしてから持ち上げます。




持ちあげた時に思っていたよりも軽かったら「願い事が叶う」
思っていたよりも重ければ「願い事が叶わない」
と言われています。





京都府:平安神宮





明治維新によって衰退した京都の町おこし事業の集大成として1895年(明治28年)平安遷都1100年祭に建設されましたのが平安神宮です。



祭神には、第50代桓武天皇と第121代孝明天皇が祀られています。




また、主要な建物である大極殿・応天門・蒼龍楼・白虎楼などは、国の重要文化財に指定されています。




平安神宮縁結びの神様として有名で、他にも開運招福・商売繁盛・厄除け・学業成就などもあります。





滋賀県:日吉大社





全国に3800社ある日吉・日枝・山王神社総本宮である日吉大社


神様の中でも霊験のある神様をお祀りしている名神大社の一つで、平安京の鬼門守護の神社です。

猿を神の使いとして崇拝することでも知られている、滋賀県屈指の古社です。


本殿は国宝に指定されているなど文化財が多数ある神社として知られています。

厄除け・魔除け、出世運・一発逆転のご利益があると言われています。





奈良県:春日大社





奈良に都ができた頃、日本の国の繁栄と国民の幸せを願って造られたと言われています。



御祭神は武甕槌命で、武甕槌命が白鹿に乗ってやってきたとされることから、鹿を神の使いとしています。



春日大社はや旅の安全、交通安全、開運厄除、商売繁盛、勝運、合格祈願にご利益があると言われていて、また縁結びの神様としても知られています





和歌山県:熊野本宮大社





古くは「熊野坐(くまのにます)神社」という名で呼ばれていた熊野本宮大社

熊野三山の中心で、新宮・那智とともに全国に3000社以上ある熊野神社総本宮です。

熊野は「黄泉還り(よみがえり)の地」と言われており、心を甦るさせることができるとされています。

昔から熊野は、「人生の出発(たびたち)の地」と言われていたりも。



健康運や貯蓄運がアップするとされており、首相やW杯日本代表のメンバーなども訪れた地です。





新年の挨拶をしにいこう!




今回ご紹介できなかったところも含めて、関西には素敵なスポットがたくさんあります。

初詣は今からでも遅くないので、是非人混みを回避してゆっくり参拝できる今、人気のところを巡ってみてはいかがでしょうか。