女子力向上計画

ちぴ☆ろぐ

素敵な女性になるために…

【ダイエット】年末年始の暴飲暴食にも!話題の「帳消しダイエット」とは?帳消し食材完全版

 

 

 

年末年始はクリスマスにお正月と、ついつい食べ過ぎてしまいませんか?

 

 

もうこの時期は多少の体重増加は諦めるなんて人も、食べることを我慢せずして痩せられたらこれ以上嬉しいことはないですよね。

 

 

そんな夢のようなダイエット法が、今テレビで放送されてから注目を集めているんです。

 

 

今回は食べたものをなかったことにしてくれる、『帳消しダイエット』についてまとめます。

 

 

 

「帳消しダイエット」とは?

 

 

2017年11月2日に日本テレビで放送された「得する人損する人」で、3週間のラクやせとして帳消しダイエットが紹介されていました。

 

 

帳消し?はて?

 

 

帳消しというのは、なんと、「高カロリーな食事+カロリー」という驚きのダイエット法なのです。

 

そもそも食べすぎたりして太ってしまうのは、摂取したカロリーを消費しきれずに体内で体脂肪として蓄積してしまうのが原因。

 

人間は普段の生活で「基礎代謝」によってカロリーはそれなりに消費されるようにできています。この基礎代謝が要で、基礎代謝量が高い人ほど痩せやすく太りにくいということです。

 

その基礎代謝をバランスのとれた食事で上げることによって、痩せるというのが「帳消しダイエット」の基本となります。

 

この帳消しダイエットでは、栄養バランスを整えることができるので、健康に痩せることができるのも特徴です。

 

 

 

 

帳消し食材メニュー

 

 

それでは実際に、どの食べ物にはどんな食材を合わせればいいのか見ていきましょう。

 

 

 

ホットドッグ+プルーン

 

f:id:pechitan:20171228120927j:image

 

ホットドッグは脂質が多いので、食物繊維とアントシアニンを豊富に含むプルーンを一緒に食べることで、脂質の吸収を防いでくれます。

 

プルーンには他にもビタミンやミネラルがたっぷり含まれているので栄養バランスも補えます。

 

 

 

パスタ+りんごジュース

 

f:id:pechitan:20171228120955j:image 

 

パスタは糖質がたっぷりなので、糖質の燃焼を促進するオスモチンが含まれたりんごジュースがBEST!りんごはビタミンやミネラルも豊富なので、健康にも効果的です。

 

また、りんごに含まれるアップルペクチンは食物繊維の一種で、腸内環境を整えてくれる役割も持つので、便秘解消にも期待できます。

 

 

 

ラーメン+チャーシュー

 

f:id:pechitan:20171228121034j:image

 

タンパク質とビタミンが不足しがちなラーメンには、チャーシューを足すのがオススメ。豚肉にはLカルチニンが含まれていて、糖質や脂質の排出を促してくれます。

 

 

 

ラーメン+バナナ

 

 

ラーメンには塩分がたっぷり。そこで、カリウムを多く含むバナナを一緒にとることで過剰な塩分を排出してくれます。ラーメン一杯につき、バナナは1本でOK。

 

また、豆乳にもカリウムが多く含まれているので、バナナ豆乳などにして摂取するのもオススメです。

 

 

 

ハンバーグ+大根おろし

 

f:id:pechitan:20171228121056j:image

 

ハンバーグに使われるひき肉は脂質が高くミネラルが不足しがちなので、大根で補いましょう。大根には余分な脂質を排出してくれる効果があります。

 

 

 

焼肉+ブラックコーヒー

 

f:id:pechitan:20171228121122j:image

 

肉の飽和脂肪酸は体脂肪になりやすい特徴があります。コーヒーに含まれるメラノイジンは、余分な脂肪を吸着して排出を促してくれます。

 

コーヒーは砂糖やミルクを入れてしまうと効果が薄くなってしまうので、ブラックで飲むようにしましょう。

 

もしブラックコーヒーが苦手で飲まないという人は、烏龍茶や黒烏龍茶などの濃い色の飲み物にもメラノイジンは含まれているので、それらの飲み物で代用することも可。

 

 

 

お酒+カレースープ

 

f:id:pechitan:20171228121205j:image

 

お酒を飲むと肝臓がフル活動するので、分解機能が低下してしまいます。そうすると糖質や脂質などが分解しきれず、体脂肪になってしまうことも…。

 

そんな時はカレースープがオススメ!

カレー粉に含まれるターメリックにはクルクミンという成分が豊富に含まれており、肝臓の働きを活性化する働きがあります。

 

 

 

お好み焼き+わかめスープ

 

f:id:pechitan:20171228121241j:image

 

お好み焼きには糖質と脂質が多く含まれています。

 

わかめにはアルギン酸というぬめりの元となる成分が含まれており、糖質と脂質の吸収をおさえ、排出を促進する効果もあります。

 

 

 

 

ちょこっと帳消し食材

 

 

その他にも調べてみたので、こちらも参考にしてみてください。

 

 

 

ピザ+オリーブオイル or りんごジュース

 

f:id:pechitan:20171228121336j:image

 

ピザは糖質たっぷりなので、パスタの時同様にりんごジュースを飲むと効果的。

 

またダイエットやアンチエイジングに効果があるオリーブオイルもオススメ。

 

オリーブオイルには中性脂肪を減らしてくれたり、体脂肪の蓄積にストップをかけてくれる効果が期待できるんです。

 

 

 

パン+抹茶豆乳

 

f:id:pechitan:20171228121353j:image

 

パンも糖質がたっぷり含まれています。そんなパンには、抹茶豆乳が最適!

 

抹茶に含まれるカテキンが糖質の吸収を抑えてくれ、さらに豆乳のサポニンレシチンが脂質の蓄積を防いでくれます。

 

 

 

チョコレートやクッキー+温かいココア

 

f:id:pechitan:20171228121443p:image

 

ココアにはポリフェノールが多く、身体を温めてくれる効果が。体温が上がれば基礎代謝量も上がるので、ココアはハイカロリーであまり良くないものにみえて、実は優秀な飲み物です。

 

 

 

スナック菓子+野菜ジュース

 

f:id:pechitan:20171228121501j:image

 

スナック菓子には栄養がほとんど含まれていないため、その栄養を補うためにも野菜ジュースを一緒に飲むとGood!

 

野菜ジュースを飲んでしばらくした後にスナック菓子を食べることで、血糖値の急上昇を防ぐ効果もあります。

 

 

 

揚げ物+レモン

 

f:id:pechitan:20171228121609j:image

 

揚げ物は油がたっぷり。レモンに含まれるクエン酸は消化吸収を促進させ、またビタミンCがコレステロールを下げてくれます。

 

レモンは酸化した油を中和して代謝が悪くなるのを防いでくれるので、「唐揚げにレモン」というのは理にかなっているんですね。

 

 

 

お寿司+ガリ

 

f:id:pechitan:20171228121626j:image

 

ガリの元となる生姜は身体を温める効果があります。お寿司を食べる前に身体を温めることで、代謝をアップさせることができます。

 

 

 

シュークリーム+パイナップルジュース

 

f:id:pechitan:20171228121641j:image

 

レモン同様にパイナップルにはクエン酸が豊富に含まれています。それ以外にも食物繊維やビタミンもたっぷり。

 

栄養バランスを整えるのにも効果的です。

 

 

 

 

試してみた感想

 

 

実際に、毎日ではありませんがこれらに似た食事をする時は帳消し食材の食べ合わせを意識して行ってみました。

 

 

まずは「ラーメン+バナナ」の組み合わせ。

 

これはラーメンを食べた時点でお腹いっぱいだったので、バナナは半分しか食べなかったのですが、トイレに行く回数が増えたこともあって翌朝はお腹もぺたんこでした♪

 

 

「ホットドッグ+プルーン」も同様に、プルーンの食物繊維がうまく働きかけてくれて、数時間後にはスルンと便が出てくれました。

 

 

そして1番「これいい」と思ったのが、「パスタ+りんごジュース」。

 

この日はお昼パスタとピザと両方を一度に食べて、体重も一気に1kg近く増えたので、急遽100%のりんごジュースを買いに行って飲みました。

 

最初は詰め込んだ分苦しくなるものの、消化されるのが早いのか、胃の苦しさが早い段階で解消されました。

 

さらにさらに3時間後にはたっぷりの便も出てくれて、妊婦のように出ていたお腹もだいぶスッキリ!

 

私は基本的に午前中か夜じゃないと便はなかなか出ないので、日中に便が出るなんて驚き。

 

 

前回の便秘解消法にもあげたオレンジジュース同様に、りんごジュースもこれ以来たまに飲むようにしています。

 

 

 

 

注意点とは?

 

 

帳消しダイエットは、食べたものが無かったことにとは言っても、カロリーにカロリーを足しているわけなので、その分カロリー摂取が多くなります。

 

ですので、食べる量に気をつけなければ逆効果

 

ダイエットのためには、食事の質だけではなく、量にも気を配ってみてください。

 

 

 

 

これで年末年始の食べすぎによる体重増加も防げるかもしれませんよ。