女子力向上計画

ちぴ☆ろぐ

素敵な女性になるために…

【美肌】キレイは内側からつくる!美肌をつくる教科書〜入門編〜





美肌をつくるためには、何よりも毎日の生活に気を配ることが大切。

適度な運動や、バランスの良い食事など、からだの中から調子を整えることが肌のためになります。





肌は内臓を映す鏡





疲れがたまっている時や、胃腸の調子が悪い時は、肌の調子も良くないことありませんか?

乾燥してカサカサ肌だったり、くすんで見えたり、メイクのノリが悪かったり…
さらにはニキビなどの肌荒れなどを起こしたりと、憂うつな肌トラブルが出現します。

このように、肌はからだの中の状態を常に反映しています。


『肌は内臓を映す鏡』
という言葉があります。

からだの中からキレイを目指す、これが遠回りのように見えて、実は一番の近道なのです。





女性ホルモンと肌





周りに年齢の割に若く見えるなという人はいませんか?


ある実験で、女性20人ほどを男性の前に立たせて、年齢を当ててもらうという検証をしたところ、実年齢よりも若く見られる人は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の量が多いということがわかりました。


エストロゲンは、女性らしさをつくりだすホルモンです。 また、肌のコラーゲンを維持するなどあらゆる老化からも肌を守っています。


エストロゲンが低下すると肌は老化します。

無理なダイエットをして生理周期が乱れるなどでシワが増えたりするのは、痩せたことが原因なのではなく、エストロゲンの減少によるものだと言われています。





睡眠は美肌の命





肌のターンオーバー、すなわち生まれ変わりには約4週間かかると言われていますが、肌細胞は寝ている間にしか生まれません。


起きて活動している間に細胞分裂しているわけではないのです。


つまり、肌にとって睡眠は命です。


肌のために生活面で気をつけることといったら、「野菜を多くとる」といったことを、多くの人が掲げます。

もちろん、野菜を多くとることも美肌のためには必要なことですが、ターンオーバーを正常に保つためにも睡眠の方がより大事なのです。




夜更かしをしない。ぐっすり眠れる環境を作る。
それこそが肌のためになります。





肌の3大悩み





肌の悩みで多いのが「エイジング(肌老化)」「シミ」「ニキビ」


肌の悩みは様々ですが、これらの肌トラブルを解決するためには、毎日の生活を見直すことが先決です。

まずは、なぜ肌が老化するのか、シミやシワが出来てしまうのかを知ることから始めましょう。





肌悩みのトップは「毛穴」





日本人女性の肌の悩みのトップといえば、昔から「シミ」が定番でした。

しかし最近は「毛穴の開き」が上位に上がってきているようです。

その背景には、毛穴対策用の化粧品が宣伝されていることも関係しています。


でも、毛穴の大小にはもともと個人差があり、毛穴が開いていること自体は異常ではありません。

正常なものを小さくしようとしても、もともと体毛が濃い人が薄くしたいと言っているのと同様に無理難題です。


ただし、たるみ毛穴のようにエイジングによって毛穴がより開いてくることもあります。

生活週間が乱れていると、エイジングが早く進みますので、日焼け肌、喫煙者、睡眠不足の人などは注意が必要になります。





3つの永遠の肌悩み





毛穴の他には「エイジング」によるシワも女性の永遠の悩みです。

たるみもありますが、これはシワと同類のものです。これらは、肌のコラーゲンが老化して弾力を失ったために起こるものです。「たるみ毛穴」も同様です。


「シミ」も、今でも根強い悩みの一つ。

シミの元凶はもちろん紫外線が主ですが、それだけではありません。


体内のホルモンバランスの影響も大きく、特に冷え性の人やストレスの多い人にはシミが出来やすいという傾向にあります。


また、「ニキビ」に悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

ニキビは皮脂分泌や食生活が原因になってきます。

ニキビを治そうと市販の薬を購入して試してみた人もいるかもしれません。
しかし、ニキビをよりキレイに治すためには、原因となっている食生活を見直し改善して、内側から変えていくことがベストです。




まずは基本を見直すことで、肌トラブルを防ぎ美肌を導くことに繋がります。





別記事、またこれから書く記事でも肌のことについてまとめますのでお楽しみに。