女子力向上計画

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちっぴの女子力向上計画

素敵な女性になるために…

姿勢を正せばみるみる痩せる!肩こりも解消する正しい姿勢とは





現代ではさまざまな分野で技術が発達し、われわれの生活が豊かに、そして楽になりました。

一見良いことのように思えますが、実は弊害も生じているということを知っていましたか?




パソコンやテレビゲームが生まれ、スマートフォンの普及も著しい近年。

娯楽が充実したり、調べ物が楽になったりと生活していく上で便利になった反面、私たちの体に悪影響を及ぼしています。


肩こりや首のこり、下腹の出っ張りや下半身太りなども、それら日常の動作が原因で起こっているかもしれません。



そこで今回は正しい姿勢の重要性についてまとめていきます。





15度の傾きで肩と首への負担は倍以上





現代の生活は、パソコンやスマートフォン、デスクワーク、読書、料理など、職場から自宅まで一日中下を向いた前かがみの姿勢が多くの時間を占めています。




前かがみになると背中が丸くなり、顎を前に突き出したような猫背になりがちですが、この姿勢が常態化すると首の頸椎から湾曲が失われます。



この状態が、いわゆる「ストレートネック」と呼ばれるものです。



頸椎は約5キロある頭部の重さを分散するために、本来は軽く前方に湾曲するようになっています。

ところが、ストレートネックで湾曲が失われると頭部の重さを分散できなくなり、首と肩に直接負担がのしかかってきます。


さらには頭部が前方に傾く角度に比例して首と肩にかかる負担も大きくなっていくのです。

つまり頭部の重さを5キロとすれば、15度傾くだけで、首と肩の負担は12キロになるということです。




またこの重量負担の他に、前かがみになって両肩の肩甲骨が外側に開くことで、首と肩の筋肉が引っ張られて血流も悪くなります。

柔軟性を失った結果、肩甲骨はガチガチに固まってしまうのです。




つまり、現代の生活で招きやすいストレートネックに気をつけなければならないということになります。





正しい姿勢を体に覚えさせる





肩こりや首のこりの改善、またダイエット効果を得るためには、正しい姿勢を身につける必要があります。

正しい姿勢とは一体どのような姿勢なのか。




簡単に言えば、背骨のどこにも負担がかかっていない状態です。





立った姿勢では、頭からかかとまで一直線に結ぶことのできる姿勢。

座り姿勢では、あごを引いて背筋を伸ばし、椅子に深く腰掛けながら背もたれには寄りかからないようにする姿勢です。





立ち姿勢と座り姿勢の基本



正しい立ち姿勢





・あごを軽く引く

・胸を軽く張る

・反り腰にならない

・お尻が上がっている





正しい座り姿勢





・背筋を伸ばす

・あごを軽く引く

・背もたれに寄りかからない

・椅子に深く腰かける

・ひじかけがあれば腕をのせる

・足裏全体を床に着かせる





日常生活に潜む歪む動作





また、日々の生活で知らない間に体全体に負担をかけている動作やクセがあります。

そういった一つ一つの原因を直していきましょう。


具体的には、次のような動作が該当します。





・いつも同じ側にバックや荷物を持つ

・頬杖をつく

・足組をする

・片足重心で立つ

・同じ側を向いて寝る

・合わない枕や軟らかいベッドや布団

・サイズの合わない靴

・ハイヒールばかり履く





思い当たる節はありましたでしょうか。


聞き手や利き脚に偏った負担をかける動作は、左右の筋肉のバランスを崩します。

それが背骨や骨盤など全身の骨格を歪ませ、お腹ぽっこりや下半身太りの原因にも。

また、上半身では肩甲骨の位置がずれ、肩こりの原因にもなります。




肩こり改善やダイエット成功に向け、一つずつ見直していく必要があります。





正しい姿勢は痩せやすい体をつくる





姿勢を正すだけで体幹が鍛えられ「痩せやすい体 」にもなります。




なかなか体重が減らない


見た目に変化があらわれない


そんな人はもしかすると日常の動作やクセが、痩せない体を作っているかもしれません。


まずは姿勢や日常の動作を見直すだけで、結果が出てくるかもしれないので、今後は気を配ってみてください。


広告を非表示にする