女子力向上計画

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちっぴの女子力向上計画

好きなことを好きなように。

成功したけりゃ成功者の真似をしろ!成功者は人たらし?5つの習慣とは?

人生

 

 

タワーマンションの上層階に住む者

 

ファーストクラスに乗る者

 

 

成功者と呼ばれる人には必ず共通点があります。

 

それは『人に好かれる』ということ。

 

人に好かれる人間になるための習慣を自然と取り入れているのです。

 

成功者になりたい!お金持ちになりたい!

 

その願いを叶えるのに一番の近道は、成功者の真似をすること!

 

成功者がどんな人であるのかを知ることこそが、あなたを成功へと近づける一歩なのです。

 

 

 成功者は人たらしである

 

成功者と呼ばれている人たちは基本的に『人たらし』です。

 

人たらしと聞くとあまりいい印象はないかもしれませんが、実はこれって最大の褒め言葉!人たらしであることこそが、人に愛される理由になるのです。

 

 

 

周囲を自分のファンにする

 

 

人たらしであるということは人の懐に入るのがうまいということ。

相手を自分の言動で魅了して、自分のファンにしてしまうことが出来るんです。

 

その為に必要なのは、周囲の人たちが求めていることを見つけてあげること!

『自己好感』『自己有能感』『自己重要感』などの切実な願望を見出してあげ、それを叶えてあげられる人こそが、真の人たらしなのです。

 

ちなみに3つの切実な願望は以下の通りです。

 

『自己好感』…「○○さんと会えて嬉しい」「○○さんと仕事が出来てよかった」

『自己有能感』…「○○さんは本当に気が利くね」「○○さんはいつも仕事が的確だね」

『自己重要感』…「○○さんがいてくれて助かった」「次も○○さんに頼むよ」

 

 

仕事仲間としても、店員と顧客の関係でも、はたまた恋愛においてもこれは使える技なのです。

 

例えば結婚して毎日御飯を作るお母さんにとって、家事は大変なものですよね。共働きなら尚更働いたあとに賃金の発生しない家事は苦痛そのもの。手伝ってくれる旦那さんなら素敵ですが、手伝ってくれるなんてこともレアケースかもしれません。

 

そんな時でもご飯を食べて「美味しいよ」や「いつもありがとう」の一言があれば救われますよね。

 

逆に旦那さんも帰ってきた時に「いつもお疲れ様」と言われるとほっこりした気持ちになりませんか?

 

こういう一言だけでも相手を惹きつけるパワーがあるということなんです。

 

 

成功者の人たちはこうした優れたコミュニケーション能力で相手を惹きつけることが出来る。

 

そして

 

「この人のために何かしてあげたい」「この人を応援したい」

 

と相手が自分のファンになってくれるのです。

 

 

自ら挨拶をする

 

 

どんな時でも“挨拶”は大事ですよね。学校や職場の人、近所の人、いつも行くお店の人、友達。挨拶はコミュニケーションの初歩であり、出会いの入口です。

 

挨拶をすることで出会いが生まれる。

 

つまりそれは『様々な可能性を広げる』ということです。

挨拶をすることで出会いを増やし、人脈を広げ、世界を広げていく。これこそが成功するために必要なステップなのです。

 

特に大事なのは相手から声をかけられるのを待つのではなく、自ら進んで挨拶をすること。

 

「おはようございます」「よろしくお願いします」の一言が印象を左右することを覚えておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

アイコンタクトで「好意を伝える」

 

好きな人のことを目で追っちゃうなんて経験はありませんか?

 

実は心理学で「アイコンタクトの原理」と呼ばれる法則があって、アイコンタクトの回数や時間に比例してお互いの魅力や好意が増大していくと言われています。

 

好きだからこそ相手が何しているのか気になって目で追ってしまう。

 

そして視線を感じて何回も目が合うと、好きか嫌いかは別としても気になったりなんてことなかったですか?

 

アイコンタクトはコミュニケーションをとる上で重要な部分。

 

同じ「こんにちは」でも、目を見ながら言われるのと、目を見ずに携帯や他のところを向いて言われるのとでは印象が全然違いますよね。もちろん好印象なのは前者。つまり、好意を伝えるためにはアイコンタクトも必要になってくるということです。

 

相手の目を見ながら挨拶をする、話を聞く、会釈をするだけでも、相手に与える印象はガラリと変わることをおさえておきましょう。

 

 

褒め言葉を口に出して伝える

 

 

 

成功者の多くは『褒め上手』です。褒められて嫌な気分になる人はいないですよね。むしろいい気分になっちゃうし、褒めてくれた人のことも好意的にみえます。人に好かれる人間になるためには褒めることを意識してみるといいでしょう。

 

しかしただ褒めるだけではダメ!褒め方にも大切なポイントがあるんです。

 

まず褒めるときは必ず口に出して褒めるようにしましょう。「○○さんいつも頑張っているね」「○○さんよく皆のこと見てくれているんだね」なんて伝えることで相手の自己有能感をみたすことに繋がります。

 

タイミングも重要で、相手が落ち込んでいる時よりも何か成果を上げたときや効果が出た時に、「すごいね!いつも夜遅くまで頑張っていたもんね」などと褒めてあげることで、より人の記憶に残りやすくなるんです。

 

具体的に褒めてあげることも大切なことだけど、慣れない人はまずは「すごい!」「さすが!」だけでも声をかけてあげてみてください。シンプルながらに、その言葉の持つパワーは絶大です。

 

 

 ユーモアのある人間になる

 

成功している人たちは意外とユーモアのある人が多い。経営者や役人とかってお堅いイメージしかなかった人にはチンプンカンプンかもしれないが。

 

実はこのちょっとしたユーモアこそが人を惹きつけるのだ。

 

それこそ成功者と呼ばれるお偉いさんを目の前にしたら誰だって緊張するでしょう。ヘマをしないようにしなきゃとガチガチになってしまうかもしれない。失敗することなくその時間を終えることができても、あなたの中には緊張しか残っておらず、相手のことを「すごい人だな」と思っても「好きか嫌いか」まではいかないはずだ。

 

でも、もしそこにクスッと笑える一コマがあったらどうだろう。

 

「今朝栗を食べてたら前歯がかけちゃったんだよね、ほら」

 

なんて言われたら「エッ!?」と驚くし心配するが、天の上の人と思っていた人が急に身近な人に感じないですか?こちらも心配して「大丈夫ですか?」と聞くことでコミュニケーションも生まれるし、緊張も少しばかり溶けていたりなんてことも。

 

こうしたちょっとしたユーモアは実は円滑な人間関係を築くのに大切な要素なのです。

 

 

 

まとめ

 

「人たらし」であることは決して悪いことではないのです。

人に好かれることこそが全てではないし、人に好かれようと自分を殺してしまうのは良くないことだけど、成功者が実践する5つの習慣は社会で生きていくための教科書なのかもしれません。

 

人間関係を円滑に運びたい、好きな人と両思いになりたい、そんな悩みまで解決してくれる魔法の習慣。

 

成功したいのならば、成功している人の真似をすることこそ、冒頭でお話したとおり『1番の近道』なのです。