女子力向上計画

ちっぴの女子力向上計画

素敵な女性になるために…

関西弁嫌いだったけど、関ジャニ∞の『大阪ロマネスク』を聞いて好きになった話

 

 

関西に住んでいる私はもちろん関西弁を話す

 

けど実は高校生までは関西弁大っっ嫌いでした

 

自分も関西弁話すのにめっちゃ嫌いだったんですよね

 

 

方言可愛いとかいうのは分かるんですよ

 

「~やけん」「~やき」

 

とかおっとりした口調で話す女の子は可愛い

 

でも「関西弁って可愛いよね」とか言われても「そうか?」としか思えなかったんです

 

生粋の関西人ではないと思ってる

 

そもそも私は生まれた場所は関西ではないし、小学校に上がるまでは愛知県にいました

 

まあその後現在に至るまで19年くらいは関西に移り住んだので関西の血が流れているようなもんだけど

 

家では両親が関西出身者ではないので関西弁は使用せず、ちょっと訛りのある標準語で会話しています

 

家で「~やん」とか関西弁が出ると気持ち悪━━━━!!ってなる

 

「~じゃん」とか使うしイントネーションも関西弁とは違うし…

マクドナルドのことは「マクド」ではなく「マック」なので

 

マクド」とかいう人嫌いだわとか思ってた時期もあったな

 

 

関西弁が嫌いだったワケ

 

そもそも関西弁が最初から嫌いだったわけではないんです

 

嫌いになったのは喧嘩口調を聞いたとき「汚い言葉!!」と思ったことがきっかけ

 

今考えれば喧嘩口調なんてどれも汚い言葉なんだけど、その当時はそれがすごい嫌だったんですよ

 

「おらぁ、われ何しとんじゃい」

「てめぇの脳みそぶち抜いたろか」

「調子乗ってんちゃうぞ」

 

ほら、汚い。

 

ていうか今こんな言葉いう人いるんか分からないけど、とりあえず汚い

 

 

それに怒られる時、標準語よりも関西弁の方が怖く感じたのも一つの理由

 

「何回したらあかんって言ったら分かるん!」

「泣いてたって何も分からんやろ!」

 

とか小さい時に言われたら怖くて漏れちゃうわ

 

なんか関西弁って汚い・下品な感じがしてそれが本当に嫌いだったんです

 

 

あれ、標準語の方が怖くない?

 

でもある時気づいちゃったんですよ、標準語の方が怖いことに

 

バイトしていた時SVの人にリーダーとして怒られる時があって、「どういうこと?」「それで?」「え、何?」って標準語で聞かれたんですよ

 

もうその時に標準語こっわってなった

 

「この人感情あるん?」

 

なんか標準語ってロボットみたい

 

関西弁って下品に聞こえることはあるけど、感情は入っていて案外可愛いじゃん!

 

 

関ジャニのおかげでさらに関西弁を好きになる

 

ちょと関西弁に対する意識が変わった時にある曲を思い出したんです

 

関ジャニ∞の『大阪ロマネスク』という曲

 

関ジャニがまだ8人だった時から姉が好きだったので、それに影響されて曲とか聴いたりDVD見たりしていて知っっていたんですよ

 

 

KJ1 F・T・O

KJ1 F・T・O

 

 

 

メロディも好きで曲自体好きだったんだけどよくよく歌詞を考えながら聞いてみると

 

 

この街の言葉 乱暴といったね

でも僕は 変えないよ

「好きや」 と言うから

 

 

このフレーズが大好きで、今まで嫌いだった関西弁が大好きに変わりました

 

乱暴と思われている方言でもあえてそれを貫いて好きという姿勢

 

「好きや」とか「好きやで」の破壊力よ

 

方言めっちゃ愛しいやんか!

 

関西弁って未だに乱暴に聞こえることもあるけど、人情味があるというか

 

イントネーションによってきつく聞こえるかもしれないけど、そこには優しさがあふれているんだ!

 

そう感じることができた曲

 

関ジャニって昔は特にふざけた楽曲が多かったけど、こんないい曲もあるんでっせ

 

関ジャニのおかげで関西弁を好きになれたどうでもいい話でした。

 

 

BeGIRL(ビガール)