女子力向上計画

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちっぴの女子力向上計画

素敵な女性になるために…

2週間で-3kgも可能!糖質オフするメリットとダイエット方法

 

こんにちは、ちっぴ(@pechi38)です。

 

ダイエットのために野菜をたくさんとらなきゃ!

肉とか油とかはダイエットの敵だ!

 

なんて思っている方も中にはいるのではないですか?

 

確かに野菜は体にいいし、油物を取りすぎると良くないのはそうなんですが、ダイエットを成功させたい人が最も気をつけなければいけないのは他にあるんです!!

 

今日は食に関するダイエット法について話していきますね。

 

 

ダイエットを邪魔する食材とは?

 

さて、早速ですが質問です。

 

ダイエットを成功させる上で気をつけなければいけない栄養素とは何だと思いますか?

 

 

炭水化物?お肉?油?

 

 

 

答えは全てNO!

 

この間違った思い込みこそがダイエットがうまくいかない理由かもしれません。

 

実はお腹や背中、気になる下半身にたっぷりとついた脂肪の材料は、

パン、お米、麺類などの主成分である「糖」なのです!

 

 

「糖」をとりいれることを一時的に抑えれば、無駄にカロリーを気にせずに無理なくダイエットが出来るんです。

 

そういえば「糖質制限ダイエット」という言葉を聞いたことがあるな、なんて方も多いのではないでしょうか?

 

糖質オフするだけで体がみるみる変わっていくことが実感できます。

 

 

糖質制限ダイエットとは

 

もともと糖質オフの食事は、糖尿病を改善するために提唱されている食事療法なんです。

血糖値を上げないように作られた食事なのですが、実は血糖値を上げない食事というのが体に脂肪を蓄えにくい食事であり、痩せたいと思っている人に最適の食事なんです!

 

他のダイエット法とは違い、食事量を調節して摂取カロリーを気にしなくていいのもこの糖質制限ダイエットならではなんです。

 

お腹いっぱい食べることができるので、空腹でストレスが溜まって結局いつもダイエットが続かないなんて人にもオススメです。

 

現代の日本人はパンや麺類を食べる機会が増えているので、それを断ち切るのは容易ではないかもしれませんが、一度慣れてしまえばみるみる体重が減っていきますよ。

 

 

糖質制限で痩せるメリット

 

血糖値を上げない

 

パン、ごはん、麺類、お菓子などたくさん糖質が含まれている食材を食べると急激に血糖値が上がります。

血糖値が上がっている状態だと、糖を優先的にエネルギーとして消費するので、結果的に脂肪の燃焼は後回しになってしまいます。

 

ですので、脂肪をなくすためには糖質をオフして血糖値を上げないようにすることが近道なんです。

 

 

インスリンが出ない

 

糖質をとらないと血糖値が上がらないので、インスリンは分泌されません。

糖が全身の臓器に届くと、インスリンの働きによって臓器は血糖をとり込んでエネルギーとして利用したり蓄えたりされちゃいます。

 

簡単に言うとインスリンは「肥満ホルモン」のようなもの。

インスリンが働かなければ太ることがないので、なるべく抑えておきたいホルモンです。

 

 

ケトン体が排出される

 

ケトン体とは、脂肪を分解してエネルギーとして使用した時の代謝副産物です。

脂肪を燃やして不完全燃焼した時に出るガスのようなもので、実はこのケトン体にもカロリーが蓄えられています。

 

カロリーを蓄えたまま、呼気や汗、尿に混じって体外に排出されます。

なので痩せたい体にとっては効率よく脂肪を燃やしてくれる、ダイエットの最強の味方です。

 

新糖生でカロリーを消費する

 

新糖生とは、血糖値を上げるほどアミノ酸などを材料にして肝臓で必要な分だけ糖質を作り出すことができることを言います。

 

糖質をとらないと体に悪いのでは…?

なんて不安に思っている人も大丈夫です。

この新糖生のおかげで低糖質に陥ることもないですし、ふらふらするようなこともありません。

 

新糖生が行われるときはカロリーを消費するので、痩せる働きが増幅するというメリットもあります。

 

 

タンパク質を食べる時にカロリー消費も

 

人が食事をするときは、消化、吸収のためにカロリーを消費します。

それを「食事誘導性熱代謝」といい3大代謝の一つです。

 

この消費エネルギー、実はタンパク質が一番多く30%ほどのエネルギーが消費されるんです。

糖質をオフしタンパク質を多くとることによって、エネルギーがどんどん消費される体になります。

 

 

糖質制限のルール

 

短期間で痩せるためにはいくつか守らなければならないルールがあります。

 

 

主食を抜く

 

冒頭でもお話したとおり、パンやご飯、麺類などには糖質がたっぷり入っています。

糖質をオフするためにはこのダイエット期間は厳禁!

主食を食べなくても、カロリー制限はないためおかずを代わりにいっぱい食べるようにしましょう。

 

 

タンパク質のおかずを食べる

 

タンパク質は筋肉を作ってくれ、カロリーを消費してくれる素敵な栄養素です。

リバウンドを気にせず健康的に痩せるために、肉、魚、大豆、卵などのタンパク質のおかずを中心に食べましょう。

 

 

1食あたり、糖質は20g以下に

 

主食に限らず、イモ類や野菜などにも糖質が多く含まれている食材があります。

主食をせっかく抜いても、他で糖質をたくさんとってしまうと努力も水の泡に…。

甘いなと感じる食材に糖質が含まれているので注意が必要です。

 

 

10日間続ける

 

糖質制限ではすぐに結果が出るのが嬉しいところなんですが、見た目が変わると言われている3kg以上痩せるためには10日間は続けてみてください。

 

あとはストレスなく続けられそうなら2週間や1ヶ月続けてみてもOKです。

 

 

糖質が入っている食材

 

 

糖質という言葉から分かるように、砂糖や甘いものはたくさん含まれています。

 

穀類

・ごはん ・パン ・うどん ・そば ・パスタ

・餃子やシュウマイの皮 ・油物の衣 ・カレールウ

 

 

 イモ類

・里芋 ・さつまいも ・じゃがいも ・やまいも ・はるさめ

 

 

 暖色野菜

・かぼちゃ ・トマト ・人参

 

 

くだもの

 

・バナナ ・リンゴ

 

 

甘味料

 

・砂糖 ・はちみつ ・メープルシロップ ・黒糖

 

 

糖質制限ダイエットの3つのコース

 

 

①スーパーコース

 

 

 

スーパーコースは、3食とも主食を抜くという徹底されたコースです。

 

朝:主食抜き(糖質20g以下)

昼:主食抜き(糖質20g以下)

おやつ:OK(糖質に気をつける)

晩:主食抜き(糖質20g以下)

夜食:OK(糖質に気をつける)

 

必ず成功させたい!10日間で3kg痩せたいという方にぴったりなコースです。

 

 

②スタンダードコース

 

 

 

スタンダードコースは3食のうち1食だけ主食を食べてもいいコースです。

 

朝:主食抜き(糖質20g以下)

昼:主食OK

晩:主食抜き(糖質20g以下)

 

 

会社勤めの方や、学生さんは特にお昼ご飯に主食抜きは難しいかもしれませんが、このコースなら食べてもいいので無理なく続けることができます。

 

 

③プチコース

 

 

 

プチコースは痩せたいというよりも、今の体重をキープしたいという方におすすめのコースです。

 

朝:主食OK

昼:主食OK

晩:主食抜き(糖質20g以下)

 

特に晩御飯の主食を抜くことで、緩やかではありますが減量も可能になります。

 

 

 

自分の生活スタイルにあったコースを選んでください。

 

 

糖質制限ダイエットのまとめ

 

 

糖質をオフすることで、体中のむくみが一気にとれて体全体が軽くなります。

むくみ太りをしている人は、一気に見た目が変わるかもしれません。

 

さらには筋肉を落とすことなく減量することができるので、リバウンド知らずなのも嬉しいですよね♪

 

今までにカロリー制限をしてうまくいかなかった人でも、この糖質制限は糖質さえ気にしていれば満腹になるまで食べていいので、ストレスなく痩せることができると思いますよ。

 

ぜひ試してみてください。

 

 

参考になる本

 

増補新版 食品別糖質量ハンドブック

増補新版 食品別糖質量ハンドブック

 
糖質オフのやせる作りおき

糖質オフのやせる作りおき

 
ぜんぶレンチン! 糖質オフのやせる作りおき

ぜんぶレンチン! 糖質オフのやせる作りおき

 

 

 

広告を非表示にする