女子力向上計画

ちぴ☆ろぐ

素敵な女性になるために…

年末ジャンボ宝くじ!当たりやすい買い方や当たる人の習慣とは



こんにちは。

朝起きてテレビ見てたらもうすぐそこにはクリスマスが近づいてきてると知り愕然としてました。

今年のクリスマスは土日で街もカップルだらけだろうし、大人しく家で引きこもろうかな。


そして、年末といえばこれですよね!




年末ジャンボ宝くじ



土曜日出かけた時ちょうど大安吉日だったので買ってきました。

当たらないだろうなとは思いながらも、当たったらどんなことに使おうかなーなんて考えたり…。

そこで今回は、宝くじが当たりやすい・当たる人の習慣をまとめます。






年末ジャンボの種類



今年の年末ジャンボには3種類あります。 「年末ジャンボ宝くじと、新登場の「年末ジャンボミニ1億円」「年末ジャンボミニ1000万」があり、それぞれ1枚300円となっています。




「年末ジャンボ宝くじ」は一等が7億円、一等の前後賞が各1億5000万円で、前後賞合わせて10億円というビッグスケールになっています。




「年末ジャンボミニ1億円」は、一等賞金が1億円で、当選本数が105本と、当たる確率が高くなった宝くじです。




そしてもう一つの「年末ジャンボミニ1000万」は、一等賞金が1000万円で、当選本数は1000本となっています。





年末ジャンボの発売日と抽選日は?


もう買われた方は安心ですが、買いたいと思っていたのにまだ買っていないという人は、急いでください!!



発売期間: 平成28年11月24日(木)~平成28年12月23日(金)

抽せん日: 平成28年12月31日(土)

東京の赤坂ACTシアターで抽選が行われます。




今週の金曜までなので、まだ買われてない方はそれまでにお買い求めくださいね!



宝くじの代表的な買い方



宝くじの買い方って初めてだとよく分からないですよね。

そんな人にまずは基本の買い方をご紹介します。



・連番買い


連番とは組が同じで、番号が連続している、10枚一口のことです。

(例) 01組 102340 01組 102341 : : 01組 102349
この10枚セットを連番といいます。

仮に当選すればその前後賞も狙えるという夢が高まる買い方です。


・バラ買い


バラ買いはその名の通りバラバラ。 組もバラバラで、番号もバラバラのものです。



連番の場合は当選番号が分かった瞬間に、自分が当選しているか落選しているか分かるので、楽しみがすぐに終わってしまいますが、バラの場合は最後まで当選しているか確認しないと分からないので、ドキドキしながら確認することができます。




確率論的にはどちらを買っても期待値は同じくらいらしいのですが、10枚で比較してみた時、実際はバラで買った方が2.5倍当選確率が上がるそうです。





当たりやすい買い方


先ほどお伝えした連番とバラを組み合わせて購入する人が多いみたいです。

両方のいいところ取りといったところですね。


連番×1 バラ×2

もしくは

連番×2 バラ×1

といった合計30枚で高額当選したという声もいくつかあるので、いっぱい買ったからといって当たるかと言われたらそうでもないようですね。


さて、連番やバラとはまた違った当たりやすい買い方があるので、そちらも参考にしてみてください。




・縦バラ



縦バラとは、同じユニットの組数と番号が連番になるようにバラを選んで買うことで、中身の宝くじが全て組と番号が連番になるようにする買い方のことです。

文面では、ちょっとよく分からない。

縦バラ30枚を購入した場合の例をあげると


1セット目:10組 100001、13組 111111、15組 123456…

2セット目:10組 100002、13組 111112、15組 123457…

3セット目:10組 100003、13組 111113、15組 123458…

という感じになります。




組数のセットごとに連続した番号があるので、バラでも前後賞が狙いやすい買い方です。

縦バラの場合は30枚セットで買われる人が多いみたいです。




・特バラ


簡単に説明すると、特バラは縦バラを10セット買うことです。

ただし、番号の下二桁が00〜99番まで100枚全部違う数字があるところが縦バラと異なる点です。

これのいいところは、下二桁で必ず当選するようになっているので、バラとかで買うよりはお得感があります。



当たりやすい売り場


宝くじを当てるためには、その購入場所も大切です。



当たると噂の宝くじ売り場はこちら↓

・西銀座チャンスセンター(東京) ・新橋駅烏森口宝くじラッキーセンター(東京) ・大阪駅前第4ビル特設売り場(大阪)



その他にも全国に当たる穴場なところもあるみたいなので、調べてみるといいかもしれません。





売り場の店員さん選びも重要?


売り場の店員さんがニコニコと笑顔なところで買うと当選しやすいと言われています。

笑顔の場所に福はやってくるんでしょうね。

笑顔で「大きく当たりますように」なんて言ってくれる店員さんを狙って買いに行きましょう。





買う日も重要


宝くじをただ買うよりかは、縁起の良い日に買う方がいいとされています。
一番良いのは「大安吉日」です。

その他にも「寅の日」、「一粒万倍日」、「天赦日」、「巳の日」、「己巳の日」などが縁起が良い日とされています。




今年の12/23日の販売ラストの日も大安で、プラス天皇誕生日でもあるので、滑り込みでこの日に買うのもいいかもですね。




あとは、暦に限らず自分にとって縁起のいい日に購入するのも当たりやすいと言われています。





当たるためのゲン担ぎ


西側に宝くじを保管する



金運は西の方面からやってくるとされているので、家の西側に大切に保管するといいみたいです。

過去に当選した人は、黄色い布に宝くじを包んで西側で保管していたみたいですよ。

とにかく黄色にこだわってみるといいでしょう。





駆け込みで夢を掴もう!


年末ジャンボ販売終了まで、今日入れて残り5日です。

まだ間に合うので、今年最後の夢を掴みに行ってみてはいかがでしょうか?